エプロンの歴史
- 2016/06/21(Tue) -
お散歩の時に使うバック。




必ず両手を、空けておきたいのでエプロンタイプを使っています。




何かあった時に、サッっと抱きかかえて助けられるように。






KIMG0426.jpg





Dogcafeのエプロン。もう、8年くらい使っています。




この中に、あれこれ沢山、詰め込んで。




毎日、毎日。 思い出も、沢山詰まってる。




でもね、、







KIMG0427.jpg






あちこち傷んじゃって。。。




穴が空いてるポケットに、うっかりカギを入れたらアウトです。




それでも、捨てられずにいます。









KIMG0425.jpg





ウォータードッグで以前、買い替えたのに使わず。。。








金曜日に、かかりつけの腫瘍専門医の所で再エコーがあります。

その時に受け取れるように電話をして、エコーの画像と紹介状を頼みました。

腫瘍専門医からすれば、紹介状の相手先が近藤誠氏である事は 「 屈辱 」でしょうね。









にほんブログ村








スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
<<彼女の儚い選択・・・ | メイン | 午後7時の海>>
コメント
--
そのエプロン、すっごくいいですね〜♪♪
穴が開いても、かわいいのわかります〜。

屈辱。。。とは違うと思う。
個人の選択を、尊重するのが医者の仕事でもあります。
2016/06/21 22:55  | URL | オビワンシルク #-[ 編集] |  ▲ top

--
オビちゃん♪

ありがとうございます。。。
2016/06/22 13:06  | URL | お世話係り #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |